読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トリプルはワイガゲー

総合勢を目指してあらゆるルールを考察します

【シングル】バンドリについての考察【ORAS】

お久しぶりです、今回はシングルで私が好んでよく使うバンドリについてのお話を少し。


そもそもバンドリとはバンギラスドリュウズの並びのことであり、バンギラスがサポートをしつつドリュウズが2タテ、あわよくば全抜きしていくという構築です。まずは中心となるこの二体の紹介から。

f:id:yesterdaypokemon:20150209013204p:plain
まず最初にバンギラスバンギラスは600族でエースにもなり得るポケモンですが、バンドリにおいては基本的には使い捨てるつもりでのプレイングが多いです。また、そうでなくても2回天候始動させることはかなり稀なため、砂ターンが5ターンではとてもではなく足りません。ですので、バンギラスの持ち物はさらさらいわでほぼ確定といっていいでしょう。技構成についてはサポートがメインですから確定欄としてステロ吠えるがありますが、他は色々変える余地はあると思います。

f:id:yesterdaypokemon:20150209013228p:plain
次にエースのドリュウズについてです。ドリュウズの持ち物についてですが、個人的には今の環境ではガブリアスや物理型のメガボーマンダの前で舞える風船1択だと思っています。バンギラスを突破したガブリアスなどを起点にすることでバンドリは簡単な勝ち筋を作ることが出来るため、ここもほぼ確定だと思っています。

上の書き方だとドリュウズの起点を作るのは難しそうですが、実際は
(ここではKPの高そうなポケモンのみを列挙しますが)ガブリアスを初めとして、ニンフィアナットレイ、サンダー、クレセリア、メガフシギバナ、(せいなるつるぎのない)ギルガルドライコウ、(不意打ちのない)メガガルーラあたりは起点にすることが出来ます。

1舞したドリュウズの火力は中々のもので、ステロと砂ダメージ込みでH252B68振りのメガフシギバナ地震で確定、実数値にして187-152までの耐久ラインのポケモンドリュウズの等倍地震で落ちてしまいます。ですから、ドリュウズが一回でも舞えれば3タテ出来ることは少なくありません。


ここまででバンドリの強さはお分かりいただけたかと思いますが、バンドリの弱点について次は触れたいと思います。

・起点となるポケモンがいないと選出できない
相手のポケモンの多数がドリュウズに有効打を持っていて、かつその全てがこちらのパーティーに対して選出してくる可能性がある場合。これは裏選出に任せましょう。

・バンドリに一貫しているポケモンがいた場合
マリルリキノガッサローブシン、気合玉搭載のメガリザードンYなどは正直バンドリ選出だとしんどいです。

・トリルクチート
バンドリの一番の課題だと思っています。裏にポイヒガッサかヒードランを入れたいところ。

・舞っても勝てるか怪しい相手がいる場合
ラグラージスイクン、水ロトムブラッキーですね。初手に出してくれる場合はバンギラスで削れるのでなんとかなりますが、ドリュウズに死に出ししてくると正直しんどいです。

(・バンギラスが一回も行動できずに死ぬ場合やサーナイトの先制トレースで砂が5ターンになってしまう場合)
()をつけたのは、バンドリ選出が出来てかつ勝てる場合もあるからです。最初の例についてですが、鉢巻ガブリアス+1舞した攻撃で倒れない相手の組み合わせなどはかなり厳しいです。サーナイトのトレースについては初手を変えればいい話なので、注意すれば問題ありません


この5点は裏のポケモンで必ず対策しておきたいですね。具体的に言えば、ポイヒガッサは入れておきたいです。
f:id:yesterdaypokemon:20150209020244p:plain

このポケモンを入れることによって、バンギラスと合わせてメガリザードンY 、ゴーグルせいなるつるぎギルガルド、気合玉持ちのポケモンバシャーモメガサーナイトニンフィア以外には有利対面をとることが出来るようになります。

ニンフィアドリュウズの起点に出来るので、実際には5体がバンギラスドリュウズキノガッサの並びだと苦しいことになります。

他にもキノガッサの起点にならないポケモンドリュウズで舞っても倒せないポケモンの組み合わせなどは苦しいですが、構築的にそこまで見ないのでレートを上げる上では切っても問題ない範囲だと思っています。

ではこの五体の対処法ですが、正直私は裏での確実な処理ルートがまだ見つかっていないため、この記事はここで終わりにしようかと思います。とりあえず今回はバンドリについて少しでも知ってもらえたなら幸いです。

バンドリはまだまだ開拓が進んでいい並びだと思っているので、御意見是非募集しています。


それでは