読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トリプルはワイガゲー

総合勢を目指してあらゆるルールを考察します

【トリプル】第三回たでオフ結果

みなさん、第三回たでオフお疲れさまでした!特に大きな問題もなかったようでよかったです。早速ですが、結果発表に入ります。


優勝 やみなべ
準優勝 みろう
三位 5700
四位 しゅふぁ

決勝BV: SF2W-WWWW-WW2G-Z2CS


次に、グループ別使用ポケモン及び戦績です。


Summit 3-2 ベスト16 リザードンニンフィアカポエラーランドロスクレセリアヒードラン
 

ガガガ 4-1 ベスト16 リザードンニンフィアドーブル
ランドロスクレセリアヒードラン


シャンディ 3-2 リザードンニンフィアハリテヤマ
ランドロスクレセリアヒードラン


かしゆかり 2-3 リザードン・水ロトムハリテヤマ
ランドロスクレセリアギルガルド


音和 2-3 スイクンサーナイトファイアロー
カポエラーシャンデラ・水ロトム


カゲロウ 1-4 ガルーラボルトロスハリテヤマ
ランドロスクレセリアヒードラン



ながとえぼる 4-1 ベスト16 ニョロトノ・ルンパッパ・サーナイトギルガルドランドロスファイアロー


カンザキ 4-1 ベスト16 ニョロトノカメックスドーブル
ファイアローニンフィアゴウカザル


ジュニア 3-2 ニャオニクスバクーダギルガルド
ハリテヤマランドロスニンフィア


めいおり 3-2 ニョロトノ・ルンパッパ・キングドラ
クチートクレッフィゴチルゼル


ほこ 1-4 ニョロトノオムスターサーナイト
・サンダー・クレッフィヒードラン


こっとん 0-5 バンギラスドリュウズボーマンダ
クレセリアギルガルド・水ロトム



しゅふぁ 5-1 ベスト4 ガルーラ・サンダー・ランドロス
スイクンビリジオンギルガルド


ゆぶね 3-3 ベスト16 リザードンハリテヤマサマヨール
ヒードランランドロスニンフィア


よしお 3-3 ガルーラ・サンダー・ランドロス
ヒードランギルガルドニンフィア


メール 3-3 エルフーン・ゲンガー・テラキオン
ヤミラミニョロトノキングドラ


スクイッド 3-3 ピジョットランドロスキリキザン
ドーブルオーベムヤミカラス


さぼー 3-3 ガルーラニンフィアファイアロー
カポエラー・水ロトムヒードラン


フィラル 1-5 エルレイド・エレザードファイアロー
キリキザントリトドンニンフィア



アズイ 5-1 ベスト8 カポエラーファイアローサザンドラリザードンギルガルドニンフィア


ローグ 4-2 ベスト16 ガルーラマリルリランドロス
モロバレルクレセリアヒードラン


ちゅーい 4-2 ファイアロータブンネ・プリン(lv2)
ニンフィアカメックスカポエラー


タクティ 4-2 マニューラテラキオンドーブル
クロバットリザードンギルガルド


ミゲル 3-3 ゲンガー・ラグラージトゲキッス
ボルトロスナットレイズルズキン


あおいえみ 1-5 ゲンガー・ルンパッパ・ニョロトノ
・ラッキー・ランドロスギルガルド


ここあ 0-6 カポエラーファイアローゴチルゼル
カメックスヒードランニンフィア



tofu 6-0 ベスト16 ガルーラキリキザンブルンゲルランドロスヒードラントゲキッス


リゼのタイツ 5-1 ベスト8 ガルーラニンフィアカポエラーキリキザンファイアローヒードラン


いえすたで 3-3 ガルーラボルトロスランドロス
ブルンゲルハリテヤマヒードラン


ユアン 3-3 サーナイトガブリアス・水ロトム
カポエラークロバットキリキザン


しゃむ 2-4 ガルーラニンフィアランドロス
モロバレルクレセリアヒードラン


ロザリンド 1-5 クレセリアコジョンドユキノオー
トリトドンブルンゲルファイアロー


しばえん 1-5 エーフィ・タブンネエルフーン
ニャオニクスエルレイド・ハピナス



みろう 5-1 準優勝 ニョロトノ・ルンパッパ・クチート
ゴチルゼルニンフィアクレッフィ


やみなべ 4-2 優勝 エテボーストゲキッスリザードン
テラキオンミロカロスギルガルド


ゆきち 4-2 デデンネリザードンサザンドラ
ニンフィアコジョンドヒヒダルマ


コウイチ 3-3 クロバットリザードンサザンドラ
サーナイトヤミラミランドロス


てんどん 2-4 ガルーラマリルリビビヨン
クレセリアランドロスエルフーン


アロフィ― 2-4 マニューラテラキオンライコウ
リザードンギルガルドファイアロー


リータ1-5 ニョロトノ・ルンパッパ・クチート
・ポリゴン2・ファイアローフレフワン(lv1)



チョコ 6-0 ベスト8 リザードンランドロスクレセリア
ドーブルヒードランニンフィア


エトランゼ 5-1 ベスト16 サクラビスヤミラミサーナイトファイアローゲッコウガレパルダス


ららら 3-3 リザードンランドロスクレセリア
ドーブルヒードランニンフィア


ゆちな 2-4 リザードンテラキオンエルフーン
カポエラーヒードランニンフィア


ぴったん 2-4 ガルーラボルトロスブルンゲル
・ピッピ・ウインディバンギラス


れぐしあ 2-4 リザードンランドロスマニューラ
ローブシンヒードランニンフィア


あとむ 1-5 リザードンテラキオンエルフーン
カポエラーギルガルドドーブル



5700 5-1 第3位 サーナイトヒードランランドロス
カポエラーギルガルドサザンドラ


タケダ 4-2 ベスト8 バンギラスドリュウズトゲキッス
フシギバナサザンドラギルガルド


くりすと 4-2 ヤミラミガルーラギルガルドファイアローニンフィアミロカロス


コランダム 3-3 バンギラスドリュウズボーマンダ
モロバレル・炎ロトムカポエラー


しげり 3-3 ニョロトノ・ルンパッパ・ブルンゲルクチートドクロッグファイアロー


アイテム 2-4 ニョロトノ・ルンパッパ・ジャローダ
エンペルトズルズキンサーナイト


がちゃ 0-6 ニョロトノ・ルンパッパ・ピッピ
ニャオニクスゴチルゼルクチート


トレーナー別kp
リゼのタイツ 84
tofu 67
いえすたでー 68
しゃむ 89
しばえん 14
ユアン 34
ロザリンド 37
Summit 102
ガガガ 97
シャンディ 96
音和 43
カゲロウ 75
かしゆかり 76
ららら 97
ぴったん 28
チョコ 97
ゆちな 69
あとむ 61
エトランゼ 30
れぐしあ 82
アイテム 31
タケダ 32
くりすと 69
がちゃ 33
しげり45
5700 81
コランダム 25
ローグ 70
タクティ 50
ここあ 74
アズイ 84
ちゅーい 54
ミゲル 15
あおいえみ 60
しゅふぁ 55
スクイッド 37
メール 31
よしお 92
ゆぶね 85
フィラル 46
さぼー 84
ほこ 53
めいおり 33
ながとえぼる 79
カンザキ 58
ジュニア 68
こっとん 41
アロフィー 56
やみなべ 44
コウイチ 58
ゆきち 46
リータ 41
みろう 52
てんどん 54

ポケモン別kp
ランドロス 22
ニンフィア 21
ヒードラン 19
リザードン 16
ギルガルド 15
ファイアロー15
カポエラー 12
ガルーラ 12
クレセリア 12
ニョロトノ 11
サーナイト 8
ルンパッパ 8
ドーブル 7
テラキオン 6
ハリテヤマ 6
エルフーン 5
キリキザン 5
クチート 5
サザンドラ 5
ブルンゲル 5
ロトム 5
ゴチルゼル 4
トゲキッス 4
バンギラス 4
ボルトロス 4
ヤミラミ 4
カメックス 3
クレッフィ 3
クロバット 3
ゲンガー 3
サンダー 3
ドリュウズ 3
ニャオニクス3
マニューラ 3
モロバレル 3
エルレイド 2
キングドラ 2
コジョンド 2
スイクン 2
ズルズキン 2
タブンネ 2
トリトドン 2
ピッピ 2
ボーマンダ 2
マリルリ 2
ミロカロス 2
ウインディ 1
エーフィ 1
エテボース 1
エレザード 1
エンぺルト 1
オーベム 1
オムスター 1
ガブリアス 1
ゲッコウガ 1
ゴウカザル 1
サクラビス 1
サマヨール 1
ジャローダ 1
シャンデラ 1
デデンネ 1
ドクロッグ 1
ナットレイ 1
バクーダ 1
ハピナス 1
ピジョット 1
ヒヒダルマ 1
ビビヨン 1
ビリジオン 1
フシギバナ 1
プリン 1
フレフワン 1
ロトム 1
ポリゴン2 1
ヤミカラス 1
ユキノオー 1
ライコウ 1
ラグラージ 1
ラッキー 1
レパルダス 1
ローブシン 1

【トリプル】第三回たでオフ開催のお知らせ

第三回たでオフの案内をします。


【場所】東大島文化センター第1研修室
地図→http://www.kcf.or.jp/higashiohjima/map.html
【日時】8月2日9時~17時
【参加費】500円
【定員】72名
【持ち物】筆記用具、(持っている方は)ネームプレート、(必要な方は)昼飯、3DS(偽トロ用のものでも構いません)とポケットモンスターオメガルビーアルファサファイア、参加費
【主催】いえすたでー(@yesterdaypoke)
【スタッフ】くたらん(@K_taragi)、あろにゃん(@talonflame_a)

【対戦ルール】ポケットモンスターオメガルビーアルファサファイア(以下ORAS)のトリプルバトルフラットルールです。カロスマーク無しのポケモンを使用することが出来ます。
ただし、クラウンスイクンや負けん気ボルトロス、噴火ヒードランなどのORASで使用できないポケモンは使用することができません。

【対戦時の注意】対戦中にカメラ機能と電卓機能以外で携帯やスマートフォン、パソコンを使うことを禁じます。また、相手のパーティーを写真で撮るときには相手の方に許可を取りましょう。
オフ終了まで相手のパーティーに関する情報を人に教えたり、口に出すことを禁止します。

【予選抜けの決め方】予選抜けは各ブロック2名です。優先順位は勝敗数、直接対決、オポーネントの順です。それでも決まらなかった場合に限り、ポケモンの残数の総数によって決定します。降参は残数0として扱います。


景品は3位までの方にささやかながら用意するつもりです。


当日のタイムスケジュール

8時50分~9時 人数確認と会場設営
9時~ 開会式、参加費徴収、自己紹介
9時30分~2時 予選(昼食は各自でこの時間に取ってください、またKP集計もこの時間に行います)
2時~4時 本選(決勝及び3決はプロジェクターを使ってスクリーンで実況、ツイキャスを行います)
4時~4時45分 表彰式
~5時 片付け、完全撤収


遅刻する場合はTwitterいえすたでー(@yesterdaypoke)かコメント欄に一言お願いします。

また、今回はオフ終了後に軽い二次会を企画しています。場所は白木屋東大島店で6時から2時間程度を予定しているので、三次会など行いたい方や未成年の方でも夜遅くならないため気軽に参加してもらえればと思います。予算は飲み放題の3400円で、人数は35名前後を予定していて定員切りも検討しているため、二次会に参加される方は早めの参加表明をお願いします。


参加は
【HN】いえすたでー
【意気込み】運営頑張ります(^∀゜)
【二次会】参加
あと、ツイッターをやっている方は
Twitter ID】@yesterdaypoke
も付け加えて、こちらのテンプレを参考にしてコメント欄に書き込んでください。
*二次会参加の方で未成年の方は未成年であることも明記してください。


また、参加申請と参加キャンセルは二日前の7月31日、二次会のキャンセルは一週間前の7月26日までには言っていただけるとありがたいです。

沢山の参加お待ちしています!


参加者(敬称略) 二次会
いえすたでー○
アロフィー○
くたらん○
こっとん○
メノ廃○
めーぜん○
やみなべ×
5700×
すわろ○
スクィッド○
10
ジュニア○
アイテム○
ここあ×
レグシア○
がちゃゲル○
あとむ○
シャンディ○
音和○
ながとえぼる○
しゃむ×
20
さぼー×
ミゲル○
飛蝗○
コウイチ○
かしゆかり×
めいおり○
タクティ×
くりすと×
ガガガ×
メール○ 未
30
アズイ×
Summit×
ほこ○
あおいえみー○ 未
レオーネ○ 未
チョコ×
てんどん○
カゲロウ×
しげり○
よしお×
40
おかりな(見学)×
カンザキ×
ちゅーい○
ゆきち○
コランダム×
タケダ○未
ゆぶね×
ららら×
みろう×
フィラル○未
50
ぴったん×
リータ○
ユアン×
ゆちな×
tofu×
しばえん○
ローグ×
リゼのタイツ×
しゅふぁ×

【トリプル】バンドリマンダ

いえすたでー (@yesterdaypoke) 

第三回東京トリプルオフにて使用したPT。

代筆チョコ (@schoko0901) 

 

1.使用リスト

 

名前技1技2技3技4持ち物特性
ボーマンダ ハイパーボイス 火炎放射 追い風 守る ボーマンダナイト スカイスキン(威嚇)
ドリュウズ アイアンヘッド 岩雪崩 地震 守る 命の珠 砂かき
バンギラス アイアンヘッド 岩雪崩 噛み砕く 冷凍パンチ 拘り鉢巻 砂おこし
カポエラー 猫騙 インファイト ワイドガード フェイント 脱出ボタン 威嚇
Hロトム 10万ボルト オーバーヒート 鬼火 横取り オボンの実 浮遊
モロバレル ギガドレイン キノコの胞子 怒りの粉 守る オッカの実 再生力

 

2.個別解説

 

f:id:yesterdaypokemon:20150527225235p:plain

メガボーマンダ171(4)-*-150-189(252↑)-120-172(252)
火力備考
ハイパーボイス

181-120MガルーラにWダメ

スキンハイボで超低乱数2発

特殊型のメインウェポンとして採用。あくまで削りとして
火炎放射

補整無しH252盾ギルガルド

に中乱数2発

飛行技を受けにくる鋼に対する打点として。龍技に割いても良い
追い風  補助技 相手の追い風に合わせたりバンギラスを優位に動かすため採用
守る  補助技 ボーマンダは居座って切り際を見極める必要があるため採用
持ち物調整ライン備考
ボーマンダナイト CS 特に無し  メガ進化させることで火力と167、169以上の素早さを確保

f:id:yesterdaypokemon:20140620045110p:plain

ドリュウズ185-205(252↑)-81(4)-*-85-140(252)
火力備考
アイアンヘッド

陽気Mガルーラの捨て身耐えニンフ

をWダメハイボ+A-1珠アイヘで確定1発

フェアリーへの遂行技かつメインウェポン。
岩雪崩 H252補整無しサンダーを珠雪崩で確定2発 高速岩雪崩の強みは周知の事実 名目上は飛行への打点
地震

補整無しH4盾ギルガルド

をWダメ珠地震で高乱数1発

マンダやHロトムと合わせて優秀な打点補完を実現
守る  補助技 相手の守る+反撃の縛り解除を咎める 主に詰めで使用
持ち物調整ライン備考
命の珠 AS 特に無し 今回は火力を優先したが、気合の襷を持たせて行動回数を増やしても良い

f:id:yesterdaypokemon:20140620045100p:plain

バンギラス175-204(252↑)-130-*-121(4)-113(252)
火力備考
アイアンヘッド

補整無しH252までのニンフィア

鉢巻込みで確定1発

主にニンフィアへの打点。ガルーラサザンドラを意識し馬鹿力にしても良い
岩雪崩

H252補正無しサンダーをWダメ

鉢巻雪崩+砂ダメで確定1発

メインウェポン。フリーで使用できた場合ゲームが終わるときも
噛み砕く

鉢巻込みで補整無しH252盾

ギルガルドを高乱数1発

メインウェポン2。ワイガ避け、確実な処理を望む際に使用
冷凍パンチ

キザンのA+1珠不意打ち耐え

FCランドロスをランク上下無しで

確定1発

受け出してくる地面に対してピンポイントで合わせる形で使用
持ち物調整ライン備考
拘り鉢巻 AS 特に無し 威嚇1回では止まらない火力を実現。威嚇無しで動かせた場合はほぼ勝ち

f:id:yesterdaypokemon:20140619004012p:plain

カポエラー157(252)-115-115-*-131(4)-134(252↑)
火力備考
猫騙  補助技 便利枠。コンボの妨害やトリル、追い風ターンの時間稼ぎにも。必須
インファイト

 181-120Mガルーラに7割から

 8割のダメージ

サザンドラメガガルーラ等への遂行技。必須
ワイドガード  補助技 岩雪崩、地震ハイパーボイス等の全体技から自身と見方を守る。必須
フェイント  補助技 こちらの全体技を通すために採用。必須。完結
持ち物調整ライン備考
脱出ボタン HS 改善の余地アリ 脱出ボタンを持たせることでとんぼがえりFCランドロスのような使い方が出来る

f:id:yesterdaypokemon:20150527225250p:plain

Hロトム157(252)-*-127-141(124)-127-135 (132↑)
火力備考
オーバーヒート

補整無しH252D4モロバレル

中乱数1発

重めなモロバレルへの打点として
10万ボルト 補整無しH252MリザYに6割から7割のダメージ 主に飛行、水への遂行技として
鬼火  補助技 横取りと合わせることで羽休めサンダー等回復技持ち耐久を封殺できる
横取り  補助技 主に追い風、ワイドガードに対する牽制、詰めにて使用
持ち物調整ライン備考
オボンの実 最速70族抜き 他H残りC 足りない耐久値を持ち物で補った

f:id:yesterdaypokemon:20140616165707p:plain

モロバレル207(140)-*-105(116)-105-145(252↑)-31 
火力備考
ギガドレイン

 補正無しH252Wロトム

 中乱数2発

水への打点が致命的に不足しているため採用。回復量を期待してギガドレ
キノコの胞子  補助技 説明不要の強さ
怒りの粉  補助技 エースアタッカーを安全に動かすために採用
守る  補助技 縛り解除、猫騙し+攻撃への備え。ヘドロ爆弾や悩みの種にしても良い
持ち物調整ライン備考
オッカの実

控え目C252 MリザYの晴れ

オバヒをオッカ込で耐え

メガリザードンヒードランの前で強気に動かせるため

 

3.各個体の採用理由

 

ボーマンダ

特性威嚇によりメガガルーラ、ドラゴンタイプによる炎耐性からメガリザードンYに強く、高火力を持ちながらS操作も行える駒。

後述するバンギラスドリュウズとの相性補完に優れ、攻撃範囲の補完から特殊型での採用。

 

ドリュウズ

バンドリのコンセプトの片翼。

天候砂状態により環境に存在しているスカーフドーブルやスカーフランドロスの上を取れる点と、ニンフィア等フェアリーへの遂行速度を評価し採用。

 

バンギラス

元々ボーマンダバンギラスの攻撃面防御面での相性は良いためボーマンダ採用時に自然に採用できる駒。

天候砂を活かし今回はドリュウズと共に採用。

メガリザードン軸、雨軸、霰軸等の天候パや

悪打点が比較的通りやすいトリックルーム軸への駒として優秀。

 

カポエラー

ボーマンダがメガ進化し特性威嚇→スカイスキンになった場合2サイクル目でガルーラ、霊獣ランドロス等の物理高火力に対して後れを取ってしまうため2枚目の威嚇枠として採用。

格闘打点を有し、重くなりがちなサザンドラに対して遂行できる。

またワイドガードを用いての守り、フェイントでの崩しも重要。

ボーマンダ+バンドリとの攻撃面での相性が奇跡のように噛み合っているため採用。

フェアリーの通りが良くなってしまうが背に腹は代えられない枠。

 

・Hロトム

ボーマンダのスカイスキンハイパーボイスがあるとはいえモロバレル等草への打点が不十分な点、フェアリー耐性不足を考え採用。

水耐性よりもフェアリー耐性やモロバレルへの遂行を重視し水ロトムから変更した枠。

 

モロバレル

PT全体での十分な炎耐性の確保、フェアリー耐性及び水耐性、トリックルーム耐性を考えるとモロバレル採用に至るのは極々自然な流れ。

モロバレルバンギラスの並びそれ自体が優秀なためゲームプランの増加が見込める。

 

 

4.基本戦略

 

基本的にドリュウズボーマンダの高速高範囲高打点を相手に押し付ける形。

やられる前にやる。と言うとわかりやすいだろうか。

メガボーマンダを削り及びS操作枠として扱い、エースの役割はバンギラスドリュウズに任せることが基本。

ボーマンダのムーブでバンギラスドリュウズを守れる点が非常にグッド。

攻めの仕掛けは追い風もしくは天候砂起動から。

PT全体の耐久力不足から長期のサイクル戦は見込めないので

メガボーマンダをどのタイミングで切るか見極めることが最重要。

モロバレル、Hロトムカポエラーはあくまでサポーターとして扱うため

PT内での重要度はメインアタッカーであるバンギラスドリュウズが最高。

不用意に失ってしまうと途端に劣勢になりがちなので十分注意すること。

負けん気、勝ち気無しのスタン系統に対しては積極的にボーマンダカポエラー+αの初手展開を狙う。

アリの場合は砂展開から対威嚇の駒を潰すことを最優先に。

相手の追い風展開に対しては横取りロトムでリスクを負わせたり、

こちらも追い風を展開し恐らく一番早く動けるドリュウズをカポやバレルでサポートしたりする。

追い風、砂展開の最もポピュラーな対策であるトリックルームに対しては

初手で止められるなら全力で止め、止められそうにないのならば前面で強固な盤面を維持し、出来る限り初手で相手のHPバーを削ることを第一に考える。

トリル起動後はモロバレルカポエラーの使いどころが重要になる。

手動雨に対しては常に行動順が先になるよう注意すること。

水の通りが良すぎるため、まず受けることが出来ないので絶対に後手に回ってはならない。

 

5.総括

 

ドリュウズを採用する以上全体的に前のめりになってしまう点は否めない。

場が整った際の攻撃性能はトップクラスのため防御面に不安が残るのは致し方ないか。

安定性はお世辞にもあるとは言えないが、ドリュウズの素早さからの岩雪崩やアイアンヘッドによる怯みで本来不利な相手にも勝てる可能性が生まれる強みがある点と、スカーフドーブルや叩きパ等のハメ手を狙うPTに対してある程度の耐性を持てる点を考慮すると十分強い。

相手の守るないし交代による縛り解除や迎撃でドリュウズバンギラスを失った場合PTパワーが著しく低下するが、反面立ち回りや運が噛みあった時のパワーは暴力的で、他のPTタイプの追随を許さない。

まさに使い手を選ぶ玄人好みのPTと言える。

ちなみに筆者はドリュウズを全く扱えないため意図的に辛口評価している。

ネガキャンじゃネガキャンじゃ^~~~

(特殊メガマンダ+鉢巻バンギ+モロバレルは気が狂うほど好きです)

 

・戦績

第三回東京トリプルオフ 10-0優勝

 

【ポケモン】新規にもやさしいトリプルで一線級で使われるポケモンの紹介と解説【トリプル】

最近、トリプルではどんなポケモンも可能性があるという考え方が広まっているように見えるので、今回はトリプルでよく採用されているポケモンがなぜ採用されやすいのかを含めて解説しようと思います。

そもそも、今の環境は大きく分けると、
メガリザードンY軸(ゴリラパや追い風軸、クレセの入っているトリルスイッチなどが含まれる)
メガガルーラ
・トリパ、スイッチトリパ(メガバクーダメガクチートなどが主)
・叩き
・滅び
・それ以外

の6つに分類することができます。ここでは書かれていませんが、ガルーラ軸とリザ軸にはニンフィアが入っていることが多く、ニンフィア対策も欠かすことは出来ません。

これらを踏まえたうえで構築を組むのに最低限必要なのは、
・炎耐性2
・フェアリー耐性2
・猫持ち1
・叩き耐性1
・S操作1
・滅び耐性1
・エースアタッカー2
・(威嚇持ち1)
だと私は思っています。この要素を考慮しつつポケモン紹介の記事を見てくださると幸いです




メガリザードンY
f:id:yesterdaypokemon:20150516120921p:plain

特性による高火力、対天候としての優秀さ、耐性の多さから最も採用されやすいと言えるメガ進化。特にトリプルでは炎の通りはとてもよく、サブウエポンとして採用しやすいソーラービームと目覚めるパワー地面と合わせると抜群範囲がとても広いことも評価点。ランドロスのダブルダメージ岩雪崩を耐えつつCに補正をかけるのが主流だが、怯みによる負けを誘うため雪崩を受ける前提での動かしはあまりオススメできない。

持っているもの
・炎耐性
・フェアリー耐性
・エースアタッカー
・(S操作)


メガガルーラf:id:yesterdaypokemon:20150516122029p:plain

耐性の無さを火力、耐久で補っているポケモン。抜群を取られても一撃で沈むことは少なく、一度は行動保証がついていることからとても安心感のあるポケモンである。エース運用出来るのはもちろんのこと、いざとなれば猫だましによるサポート運用として割りきることも出来るのも柔軟性が高く評価できる。耐性が少ないため、天候パにはやや不利なのが気になるところ。取り巻きでカバーしていきたい

・猫持ち
・エースアタッカー


・メガバクーダ
f:id:yesterdaypokemon:20150516123025p:plain

トリパエースとしてとても優秀なアタッカー、耐性が優秀で特性によって火力も申し分ない。トリパ対策としてしばし採用されやすいモロバレルよりも遅いのもガチトリパにする上で強み。原始の力を採用すればリザードンへの遂行速度も気にならない。

・炎耐性
・フェアリー耐性
・エースアタッカー


メガクチート
f:id:yesterdaypokemon:20150516124649p:plain

メガガルーラと違い、耐久の無さを耐性でカバーしているポケモンメガガルーラ絡みの構築に滅法強く、メガリザードン軸の構築が辛いため、雨と組ませることが多い。いわゆるjuicy(イユ)滅び(トノルンパグドラクレッフィゴチルクチート)としてよく見ることが多いが、初心者には扱いが難しいためあまりオススメは出来ない。素早さの関係上上から被弾することが多いため、急所による負けはある程度割り切るしかないだろう。

・フェアリー耐性
・エースアタッカー
・威嚇持ち


・メガボーマンダ
f:id:yesterdaypokemon:20150516125252p:plain

飛行技と地面または炎技の技範囲の広さが魅力的なポケモンリザードン絡みの構築に対して強気に出ることができ、威嚇によってメガガルーラ軸にもある程度有利に立ち回れるのが強み。捨て身タックルや恩返しによって削られた相手を倒すのに特化してもよし、ハイパーボイスで削りに特化してもよしと、相手にすると鬱陶しいことこの上ない。ニンフィアのケアは裏でしっかりしたいところである。

・炎耐性
・S操作
・エースアタッカー
・威嚇持ち


メガカメックス
f:id:yesterdaypokemon:20150516130251p:plain

トリプルにおいて対角に届く点で優秀な波動技持ち、猫持ち、潮吹きによる高火力範囲技持ちと、三拍子そろっているポケモン。ただし現環境だと上から殴られることが多く、潮吹きが最大火力にならないことが多々あること、潮吹き以外の優秀な範囲技を持たない割には抜群をつかないと火力が足りていないこと、そして何より役割集中パーティーに対して遂行速度が足りていないことから、勝てない構築がはっきりしている。取り巻きで雨乞いを仕込むことが多いため、メガリザードン軸には強気に出れる。

・炎耐性
・(エースアタッカー)
・(猫持ち)


ニンフィア
f:id:yesterdaypokemon:20150516132618p:plain

特性によって高火力範囲技をデメリットなしで撃つことが出来るポケモン。トリプルレートをやっていればフェアリーの通りがいいのはよく分かるため、相手にした場合に優先して処理しなければいけない駒でもあります。いわゆるアローニンフィアの並びなどはアローmove、アロー追い風ニンフィア守る、アローファストガードなど多くの択を強いてくるためとても厄介。ラスターカノン搭載型ヒードランが少ないため、ギルガルドにしか一撃で倒されにくい点がリザニンフの増加を促している。

・エースアタッカー

ギルガルド
f:id:yesterdaypokemon:20150516200242p:plain

トリプルの為に生まれてきたのではないのか疑うレベルでトリプルの必須要素を兼ね備えているポケモンギルガルドギルガルドで倒そうとするプレイングも自然と増えてくるため、最近はもっぱらCSギルガルドばかりが目につく。地味に(肝っ玉を除く)猫だましの効かないワイドガード持ちというのも壊れ性能である。襷だとニンフィアラスターカノンで一撃ではまず落とせなくなるので、珠か襷かはパーティーの兼ね合いになるだろう。

・フェアリー耐性
・叩き耐性
・滅び耐性


ヒードラン
f:id:yesterdaypokemon:20150516200837p:plain

鋼タイプで唯一炎を無効にすることが出来るポケモン。この時点でリザニンフがいかに強力かが逆に分からなくもない。追い風からトリルまでさまざまな構築にお呼ばれすることが多く、噴火ドランが絶滅した今でもその強さは健在である。有利対面からの身代わりによる詰めから、珠や眼鏡によるエースアタッカーまで型は様々で読みにくいのも強み。スタンには補完として入ることが多い。

・炎耐性
・フェアリー耐性
・(エースアタッカー)


・霊獣ランドロス
f:id:yesterdaypokemon:20150516201808p:plain

無補正性格が採用されることがあることで一時期話題を生んだポケモン。ただし基本的には意地っ張りスカーフや意地っ張りチョッキが採用されることが多く、ギルガルドが特別重かったり地震の撃ちづらい構築ではない限りは無補正大地は採用されない。ランドロスが多く採用されている理由としては、威嚇持ちでヒードランの上から地震やバカ力が撃てること、無理なく岩技が採用できること、蜻蛉返りで威嚇を回せること、叩きに対して若干の誤魔化しになること、これらがあげられると思います。また、トリプルのスカーフ持ちのほぼ大前提であるドーブルより速いことを満たしているのも採用理由の1つです。

・(叩き耐性)
・威嚇


ドーブル
f:id:yesterdaypokemon:20150516202808p:plain

襷持ちかスカーフ持ちか判別できないだけで下手するとゲームが終わってしまうこともある厄介なポケモンランドロスのバカ力で対策するトレーナーも多いため、襷ダークホールはかなり刺さりはいい。このポケモンを必ず止めるには最低でも2駒必要なため、ギミックパーティーなどにいれるとギミックが成功しやすい。ダークホールの命中率は決して高いとは言えないため、ダークホールを安易に撃ってしまう人だと勝率が安定しなく、オススメしない。

・猫持ち
・(この指による)叩き耐性


ファイアロー
f:id:yesterdaypokemon:20150516204444p:plain

追い風、ファストガードなどの補助技などを撃てることからトリプル向けのポケモンであることは間違いないが、読み違えると鉢巻による高火力によって突然パーティーが半壊することもあるため、相手にした時とても対処しにくいポケモン。特にフェアリー耐性と炎耐性があり、かつトリパに対してもある程度の誤魔化しとなっているのも強い。雨パに対しても詰め筋や削り要員となったりするため、どんなパーティーに対しても腐らないというのがなにより強い。フェイントなどの先制技と絡めればドーブルやエルフテラキに対しての誤魔化しになるのも評価できる

・炎耐性
・フェアリー耐性
・S操作
・(叩き耐性)




あげ続けるとキリがないので一線級で採用できるのはこのあたりだと断言しておきます。これらから漏れてしまったポケモンは環境によって強さが左右することが多く、逆に言えば環境次第では一線級で活躍することも出来るでしょう。



他に何か候補があったり、ポケモンの技構成など気になるようでしたら、コメント欄かTwitter(@yesterdaypoke)にお願いします。



この記事が少しでも為になれば幸いです。

【ポケモン】ダブルやトリプルで勝てるようになる方法

努力もせずにポケモン勝てないからつまらないという風に言うような人が自分はあまり好きではないので、ポケモンで強くなるための必要最低限のやるべきことを書こうと思います。



この記事はあくまで私の考えであり、また既に自分が強いと思ってる方には必要ない記事なので読みたい方だけお読みください。



・上位にどんなポケモンがいるかを把握しておく

環境も分からない人が強い構築を組むのは不可能です。PGLを見ればKP高いポケモンは分かると言う人はいますが、要注意ポケモンなんて12匹を軽く越えています。初見殺しに勝てないなんて自体がなるべく起きないように高種族値ポケモンとその取り巻きとなるポケモン、アンコールなどの厄介な補助技や猫だましを覚えるポケモンぐらいはせめて把握しておきたいものです。環境にいるポケモンが大体把握できれば刺さっているポケモンも見えてくるはずです。


・よっぽどの理由が無い限りは低種族値ポケモンは採用しない

種族値ポケモンを採用すると殴りあう構築(例:ガルニンフなど)と当たった際に種族値の差で負けることが多いです。ドーブルのようにダークホールのような明確な採用理由があるポケモンでさえ積極的には採用しにくいポケモンですし、ダークホールより強い補助技が無い以上、高種族値で構築を組むのが出し負けの場面などを想定すると後出しもしやすいですし安定します。ギミック構築などを見て勘違いしている人もいますが、低種族値を使って勝てる人は強い人だけです。



・同じ負け方をしない

限られた試合数である公式戦でも無い限り、試合をして一番大事なのは勝ち負けではなく学習したかどうかです。例えばメガガルーラで同速に負けてしまってそのまま負けた試合があったとします。そうしたら次のガルーラミラーは横のポケモンを引いてランドロスを出してけたぐりのケアをするなどして工夫しましょう。ガルーラを引いてランドロスを出しても構いません。ここで重要なのは50%に勝ちを頼っているようでは勝率は上がらないということです。同じようなことが例えば対ドーブルにも言えますし、運負けと言う前にまずは自分のプレイングを見直して勝率が一番高くなる最善の1手をいろいろ試して見つけられるようにしましょう。


・低命中技は採用しない
ダブルやトリプルというルールは勝率八割前後をキープすることで上位が目指せるルールです。そこで例えば技がちゃんと当たれば勝率9割の構築に気合玉ボルトロスを入れたとします。一試合平均一回気合玉を撃つだけでその構築は(実際は二回目当たれば勝てるなどの場面もあるかもしれませんが単純計算すると)勝率6割5分を切ってしまう平凡な構築になってしまうのです。命中90より下の技はなるべく採用しないようにしたいですね。また、相手に撃つ目的の威張るなども三回中一回でも自傷すれば勝ちみたいな構築ではない限り入れないことを勧めます。


とりあえずはこんなところですね。まだ何かあればコメント戴けるとありがたいです。


運負けしたときも本当に運負けだったのか、他の勝ち筋は無かったのか探してから運負けって言わないと成長できませんよ(チョコさんの台詞から一部引用)


閲覧ありがとうございました

【シングル】バンドリについての考察【ORAS】

お久しぶりです、今回はシングルで私が好んでよく使うバンドリについてのお話を少し。


そもそもバンドリとはバンギラスドリュウズの並びのことであり、バンギラスがサポートをしつつドリュウズが2タテ、あわよくば全抜きしていくという構築です。まずは中心となるこの二体の紹介から。

f:id:yesterdaypokemon:20150209013204p:plain
まず最初にバンギラスバンギラスは600族でエースにもなり得るポケモンですが、バンドリにおいては基本的には使い捨てるつもりでのプレイングが多いです。また、そうでなくても2回天候始動させることはかなり稀なため、砂ターンが5ターンではとてもではなく足りません。ですので、バンギラスの持ち物はさらさらいわでほぼ確定といっていいでしょう。技構成についてはサポートがメインですから確定欄としてステロ吠えるがありますが、他は色々変える余地はあると思います。

f:id:yesterdaypokemon:20150209013228p:plain
次にエースのドリュウズについてです。ドリュウズの持ち物についてですが、個人的には今の環境ではガブリアスや物理型のメガボーマンダの前で舞える風船1択だと思っています。バンギラスを突破したガブリアスなどを起点にすることでバンドリは簡単な勝ち筋を作ることが出来るため、ここもほぼ確定だと思っています。

上の書き方だとドリュウズの起点を作るのは難しそうですが、実際は
(ここではKPの高そうなポケモンのみを列挙しますが)ガブリアスを初めとして、ニンフィアナットレイ、サンダー、クレセリア、メガフシギバナ、(せいなるつるぎのない)ギルガルドライコウ、(不意打ちのない)メガガルーラあたりは起点にすることが出来ます。

1舞したドリュウズの火力は中々のもので、ステロと砂ダメージ込みでH252B68振りのメガフシギバナ地震で確定、実数値にして187-152までの耐久ラインのポケモンドリュウズの等倍地震で落ちてしまいます。ですから、ドリュウズが一回でも舞えれば3タテ出来ることは少なくありません。


ここまででバンドリの強さはお分かりいただけたかと思いますが、バンドリの弱点について次は触れたいと思います。

・起点となるポケモンがいないと選出できない
相手のポケモンの多数がドリュウズに有効打を持っていて、かつその全てがこちらのパーティーに対して選出してくる可能性がある場合。これは裏選出に任せましょう。

・バンドリに一貫しているポケモンがいた場合
マリルリキノガッサローブシン、気合玉搭載のメガリザードンYなどは正直バンドリ選出だとしんどいです。

・トリルクチート
バンドリの一番の課題だと思っています。裏にポイヒガッサかヒードランを入れたいところ。

・舞っても勝てるか怪しい相手がいる場合
ラグラージスイクン、水ロトムブラッキーですね。初手に出してくれる場合はバンギラスで削れるのでなんとかなりますが、ドリュウズに死に出ししてくると正直しんどいです。

(・バンギラスが一回も行動できずに死ぬ場合やサーナイトの先制トレースで砂が5ターンになってしまう場合)
()をつけたのは、バンドリ選出が出来てかつ勝てる場合もあるからです。最初の例についてですが、鉢巻ガブリアス+1舞した攻撃で倒れない相手の組み合わせなどはかなり厳しいです。サーナイトのトレースについては初手を変えればいい話なので、注意すれば問題ありません


この5点は裏のポケモンで必ず対策しておきたいですね。具体的に言えば、ポイヒガッサは入れておきたいです。
f:id:yesterdaypokemon:20150209020244p:plain

このポケモンを入れることによって、バンギラスと合わせてメガリザードンY 、ゴーグルせいなるつるぎギルガルド、気合玉持ちのポケモンバシャーモメガサーナイトニンフィア以外には有利対面をとることが出来るようになります。

ニンフィアドリュウズの起点に出来るので、実際には5体がバンギラスドリュウズキノガッサの並びだと苦しいことになります。

他にもキノガッサの起点にならないポケモンドリュウズで舞っても倒せないポケモンの組み合わせなどは苦しいですが、構築的にそこまで見ないのでレートを上げる上では切っても問題ない範囲だと思っています。

ではこの五体の対処法ですが、正直私は裏での確実な処理ルートがまだ見つかっていないため、この記事はここで終わりにしようかと思います。とりあえず今回はバンドリについて少しでも知ってもらえたなら幸いです。

バンドリはまだまだ開拓が進んでいい並びだと思っているので、御意見是非募集しています。


それでは

【シングル】スカーフゴチルゼルの調整【ORAS】

どうもいえすたでーです。今回は教え技解禁でカロスマークでも教え技が使えるようになったゴチルゼルの調整を書こうと思います。

今回はスカーフゴチルゼルの調整についてです。

f:id:yesterdaypokemon:20150117153327p:plain

ゴチルゼル
特性:影踏み
持ち物:こだわりスカーフ
調整:臆病H236D60S212
技構成
トリック 瞑想 眠る サイコショックorサイコキネシス

調整意図
耐久
H…16n-1
HD…C4振りサンダーの10万ボルト2回+瞑想1積みの時に同条件のサンダーの10万ボルト耐え。
H4ボルトロスを10万ボルトで確定2発調整のライコウまでなら上と同じ攻撃を高乱数で耐える。
Sスカーフ下で最速ライコウ抜き

耐久ラインから分かるように、なるべく多くの相手を起点に出来るようになっています。

普通のゴチルゼルと比べたときのメリットは
・積みアタッカーや吠える持ちも嵌めることが出来る
・仮に倒されても後続の起点作りが出来る
・スカーフを相手を倒す前のターンにトリックで返してもらうことにより、高速抜きエースにもなりえる

この三点が大きいです。

具体的には、
吠えるスイクン、胞子や欠伸から撃ってくるポケモン、ピクシー、壁から貼ってくるライコウ、毒から撃ってくるヒードラン
この辺りに普通のゴチルゼルと違い、勝つことが出来るようになります。
また、普通のゴチルゼルで嵌めることの出来る相手も問題なく嵌めることが出来ます。

スカーフゴチルゼルといえば、瞑想の枠がいちゃもんになった型がメジャーではありますが、こちらはエース運用も出来るという点で十分差別化は出来ています。


このゴチルゼルをパーティーに組み込む場合は、相手に受けポケや積みポケを選出させるようなポケモンと組ませるのがいいと思われます。

構築例ですが、
カバルドン
ラッキー
メガボーマンダ
ゴチルゼル
@2

上のような構築はゴチルゼルが上手く入りやすいと思います。ただ、ゲンガーとマンムーキノガッサマリルリが重くなってくるため、残り2枠で相談と言ったところでしょうか。

回してみて非常に強力なポケモンだったので紹介しました、参考になれば幸いです。

何かご意見や質問があればコメント欄かツイッター(@yesterdaypoke)にて。

それでは